女性は特に注意が必要

Common drugs

性感染症の1つとして知られているのが淋病です。淋病は性行為で淋菌という細菌に感染してしまうことで起こります。一般的な性行為でも感染しますが、性行為に変化が見られている現代では口で行う口腔性交や肛門で行う肛門性交でも感染があると言われています。そのため、淋病は性器だけでなく喉や腸にも感染し症状が出ることを知っておくことは大切です。淋病の症状は感染した部分で違いますが、感染した部分から血液などに感染してしまうと敗血症や髄膜炎などになることがあるので早めに治療し重症化させないことがとても大切です。淋病と聞くと一昔前の性感染症というイメージを持つ方もいますが、現在は20代の感染者が多く感染している人数は増加傾向にあります。

淋菌に感染し淋病になってしまうとさまざまな症状が現れます。女性の場合は不正出血やおりものの変化があります。また下腹部の痛みなども現れます。男性の場合は排尿の時に痛みや違和感などが現れます。中には症状が痛みや違和感などの症状が現れず感染が広がっている場合もあるので注意が必要です。違和感などを感じ思い当たることがあったらすぐに病院を受診しパートナーの方と一緒に治療を受けていくことが必要になります。感染が広がってしまうと、女性の場合は不妊症や子宮外妊娠、男性の場合は無精子症になってしまうことがあります。また、淋病に感染したまま出産すると産まれてくる赤ちゃんが産道で感染してしまうので出産前までには治療を行っておく必要があります。