有効な医薬品を知ろう

imported drugs

淋病の治療は薬を使うというのが基本となっています。淋病は自然治癒することがないので、しっかりと原因となっている菌を死滅させる必要があります。淋病は淋菌が原因となって発症するようになっています。これを抗生物質で死滅させるというのが治療方法となります。淋病の治療薬はいくつかの種類があります。淋病の治療薬は抗生物質が使われるようになっていますが、抗生物質の乱用によって薬剤に高い耐性を持っている菌があるというのを頭に入れておきます。したがって最近では注射を使って治療が行われることもあります。静脈注射や筋肉注射となります。静脈注射の薬はセフトリアキソンとなります。筋肉注射はスペクチノマイシンとなります。

淋病の治療では抗生物質が使われていますが、日本で利用されているのはクラビットというようなレボフロキサシン系の治療薬となっています。このほかにジスロマックなどのアジスロマイシン系の治療薬となります。これらを活用することで確実に治療を進めていくことができます。とくに現在活用されている方法としてジェネリックがあります。クラビットのジェネリックがたくさん使われています。ジェネリックは先発薬よりも費用が安くなっています。したがって淋病の治療の際の負担を少しでも軽くすることができます。クラビットのジェネリックがありますが、服用から1週間程度で症状が治まるようになっています。性行為の前に服用することで感染の予防効果もあります。